病院薬剤師の仕事内容や年収を解説

病院薬剤師の仕事内容や年収を解説

病院薬剤師の業務内容の中心は調剤業務です。これは調剤薬局と変わりませんね。でも調剤するお薬の内容は病院と調剤薬局とで大きく違います。

病院薬剤師の仕事内容は幅広く激務?

病院でしか調剤できないお薬として次のものが挙げられます。

ネットや雑誌に求人情報はいろいろとありますが、調剤薬局での求人・募集を探す場合は、任せて安心の薬剤師 転職サイトとか転職専門アドバイザーにお願いしてみることがいいでしょうね。

薬剤師が転職した方が良いかなと考える理由を調べてみると、男性は「更に楽しい仕事がしたい」というものが目立ち、女性は「職場の上司が嫌いなので他の会社で働きたい」というものが目立つそうです。

一般的に、転職サイトのスタッフは業界に精通した人で、転職時に必要な手続きを代行したり、人によっては担当している薬剤師の方たちの悩み事などの解決をしてもらえる場合があるみたいです。

病院薬剤師の年収は?

病院薬剤師の年収は?

病院薬剤師は忙しい病院の薬剤師は朝から晩まで毎日病院にこもりっきりです。しかも順番に当直が回ってくるので、体力の消耗もかなりのもの。

休日日数は調剤薬局やドラッグストアと比べると平均して10日ほど少なくなっています。病院で5年働いていたけど、手取りがギリギリ20万円という薬剤師もいました。

それでいて初任給がとても低いのでよっぽどのやる気がないとしんどいでしょう。手取りが20万円を切ってしまうことも普通にあります。

病院勤務やドラッグストアと比べたとき、調剤薬局だったら随分落ち着いたペースで作業することができるのです。薬剤師が担うべき仕事にしっかり集中できる働く環境だと言えるでしょう。

薬剤師に関するアルバイトの仕事の中に、薬歴管理がありますね。各々それまでのデータを参考に、患者の方々を指導する業務です。

要される場合も増えたことは、コミュニケーション能力向上といった、接客面での能力になります。現在では薬剤師でも患者さんに面と向かって対応する時代になりつつあります。

病院などでは、深夜勤務の薬剤師が欠かせない存在なようです。そして救急医療センターといったところでも夜の薬剤師としてのアルバイトを求めているといいます。

大学病院で働いている個々の薬剤師の年収は高くない。そのことを承知で、この職を選ぶというのは、ここでしか経験できないようなこともすることが可能であると言えるからです。

働く場所が狭い調剤薬局という環境では、製薬会社あるいは病院と比較しても、働く上での人間関係は窮屈になりやすいものでございます。ですから、職場との関係ははずせない試練ではないでしょうか。
ドラッグストアに勤めて経験を積み重ねていって、そのうち起業しお店を開店する。商品開発専門のアドバイザーになることで、企業との契約で高い報酬を手にする、というキャリアプランを組むことだってできます。

転職を考えるなら転職エージェントが強いサイトがいい

各々の思う条件に反せずに勤務可能なように、契約社員およびパート、勤務時間についてなどに区分けをすることで、薬剤師の転職をスムーズにし、勤めやすい労働環境を設けています。

普通は求人サイトで会員になると、各々コンサルタントが担当してくれるので、担当者であるコンサルタントに希望する転職先を言っておくと、マッチする薬剤師求人の案件を見つけ出してくれるみたいです。

時給が良いというのは薬剤師アルバイトのおススメ点。アルバイトとして採用されても社員さんとほぼ同じ業務にあたることだってでき、経験を重ねることが可能なアルバイトに違いありません。

転職を考えている時、必ずトライしてほしいのが薬剤師転職サイトです。非公開の求人が多くて、とにかく多くの案件を所有しているサイトなども存在するので利用してみましょう。

今後の仕事として調剤薬局事務をやるつもりでいるのであるならば、レセプト書類の作成というような仕事をするうえで必要になる知識や技能を証明できるものとして、すぐにでも資格を保有することが大事だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました